So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

もうひとつの曲がり角 [読書・映画・音楽]

2年前に担任したクラスの学級通信名が「曲がり角の向こう」でした。

「赤毛のアン」の有名な一節、

 

「曲がり角の向こうに何があるのか、今はわからないけど、きっとすばらしいものが待っていると信じることにしたわ。」

 

から拝借しました。

そういうこともあって、自分にとって「曲がり角」は特別な言葉です。

もうひとつの曲がり角

もうひとつの曲がり角

  • 作者: 岩瀬 成子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/09/26
  • メディア: 単行本

 

さて、岩瀬成子さんの新作です。

 ①タイトルに「曲がり角」という言葉が入っている。

②表紙を酒井駒子さんが描いている。

③自分は岩瀬成子さんのファンである。

ときたら、もう買わない理由がありません。

今作も、いろいろな意味で「突き刺さるお話」でした。

引っ越しによる環境の変化に馴染めない小学校5年生のわたし、朋。何か大きなトラブルがあるわけではない。でも、何となく不調和な毎日が子どもだった彼女を少しずつ変えていく・・・「もうひとつの曲がり角」はそんな話です。

「赤毛のアン」がそうであるように、この物語でも、「曲がり角」は象徴的に描かれます。アンが、積極的に曲がり角の向こうの希望を信じることにしたのに対し、この物語の主人公・朋は、もっとぼんやりとした感情のまま、曲がり角の先に進んでいきます。アンほど理知的ではないけれど、曲がり角の先にいくことを自ら選ぶという強さは共通しています。強さというよりは、内面から自分を動かす衝動性と呼ぶべきでしょうか。

小学校教諭として5年生の子たちと関わる機会が多いだけに、朋の抱える「うまく言えないけれどそうしたの!」という心情はよくわかります。理性的な判断ではない。けれども、決して感情だけに任せて決めているわけではないのです。岩瀬さんは、こうしたアンビバレントな内面描写が非常に上手く、まるでかつての自分を描かれているかのような錯覚を覚えます。だから突き刺さるのです。

物語の後半、彼女(とその兄)が下したある決断に対して、父親は言います。

「どっちにしても、よく考えてからきめる、というのは大事なことだから」

それに対して、彼女は答えます。

「じっくりかどうかわかんないけど、考えたよ。しなくちゃいけないといわれたから、しなくちゃいけないって思うのは、それは考えてないってことじゃないのかな」

自分の生き方を自分で選ぶ。

その第一歩を踏み出した朋の前途は、多難であっても希望を感じさせるものです。

「ああ面白かった!」というカタルシスはありませんが、読み終えた後も、心に澱となって残り続ける作品…「もうひとつの曲がり角」は、やはりいつもの岩瀬さんの本でした。


nice!(0)  コメント(0) 

はさみむし [読書・映画・音楽]

先日の理科の時間のことです。

 「先生、この虫は何ですか?」と尋ねられました。

見るとそれはハサミムシです。
自分にとっては、アリやダンゴムシと同じくらいなじみ深い虫だったので、少々驚きました。
今の子どもたちは、ハサミムシも知らないのか!?
いえいえ。たった一人の質問で「今の子どもたち」と言い切るのは乱暴ですし、そもそもハサミムシがメジャーな虫だという私の認識がおかしいということもあり得ることです。
ともかく、その会話がきっかけとなり、私の頭の中にハサミムシが住まうことになりました。
すぐにその日の放課後、図書室で下の本を読みました。
ハサミムシのおやこ (ふしぎいっぱい写真絵本)

ハサミムシのおやこ (ふしぎいっぱい写真絵本)

  • 作者: 皆越 ようせい
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2008/05/01
  • メディア: 大型本
表紙からして、すさまじいインパクトです。
40年も生きていて、メジャーだと思い込んでいたハサミムシのたまごを自分は見たこともなかったし、どんなものなのかを想像したこともなかった事実に気が付きました。
自分自身が無知であることに気付けるのは、幸せなことです。ありがとう、ハサミムシ。
その後もハサミムシのことをいろいろと調べているうちに、月刊かがくのともの11月号が「はさみむし」の本であることを知りました。タイムリー過ぎて、ちょっと気味が悪いくらいです。
かがくのとも 表紙
さっそく近所の書店に駆け込み、購入しました。
もう何度か読みましたが、これが実に素晴らしい本です。クラスの子どもたちにも早速紹介しようと思います。

nice!(0)  コメント(0) 

楽しさを大切に [教師修業]

「子どもらしい」といえばプラスに、

「子どもっぽい」といえばマイナスに聞こえます。


目の前の子どもは同じ存在のはずなのですが、「子どもを大人に導いていくのが教師の仕事」という思いが強すぎると、どうしても「子どもらしさ」と受け止められず、「子どもっぽい」とマイナスの捉えをしがちです。


先日、ケンカばかりするクラスの子に、「小さなことでつまらないケンカをくり返していると、小さなつまらない人になってしまいますよ。」と指導をしました。指導しながら気付きました。あれっ。小さなつまらないことで目くじらを立ててお説教をしてしまっているのは自分自身じゃないか。「小さなつまらない人間って自分のことだ・・・。」強い言葉は、まさに諸刃の剣です。繊細な私は、自分の言葉に深く傷つきました(笑)。


「子どもざかり」の3年生と付き合っていると、自分の考え方というか軸がいかに大人寄りになっているかに気付きます。

「人は正しさのみで生きるにあらず。」です。楽しさを軸に、それでいて正しい方向に進みたいという思いを育んでいけるか。初心に戻ってやっていこうと思います。



nice!(0)  コメント(0) 

彗星 [読書・映画・音楽]

学生時代に「LIFE」にやられて以来、小沢健二さんのファンです。


LIFE

LIFE

  • アーティスト: 小沢健二,小沢健二,服部隆之
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1994/08/31
  • メディア: CD

今秋、その小沢さんが「毎日の環境学」以来、13年ぶりとなるアルバムを出すとのニュースが耳に入ってきました。嬉しいニュースです。


先行シングルとしてリリースされた「彗星」を早速聞きました。


今ここにある この暮らしこそが 宇宙だよと 今も僕は思うよ なんて奇跡なんだと


他の人が歌ったら軽薄にとられかねない歌詞も、オザケンが歌うと説得力があります。

出会いからずいぶんと経ちますが、オザケンは今でも自分にとってアイドルなのだなとしみじみ思いました。


アイドル・・・と言えば、先日、20数年ぶりに魯迅の「故郷」を読みました。この物語で「偶像崇拝」という言葉を覚え、心に刻み込んだのは私だけでしょうか。


ルントウが香炉と燭台がいると言った時、わたしは内々彼を笑っていた。彼はどうしても偶像崇拝で、いかなる時にもそれを忘れ去ることが出来ないと。ところが現在わたしのいわゆる希望はわたしの手製の偶像ではなかろうか。ただ彼の希望は遠くの方でぼんやりしているだけの相違だ。


故郷/阿Q正伝 (光文社古典新訳文庫)

故郷/阿Q正伝 (光文社古典新訳文庫)

  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2009/04/20
  • メディア: Kindle版

光文社古典新訳文庫で出ていることを知りました。この本では、偶像崇拝をなんと訳しているのでしょう。機会があればまた再読したいところです。

nice!(0)  コメント(0) 

綿の国星 [読書・映画・音楽]

春は長雨


どうしてこんなにふるのか さっぱりわからない


どうして急にだれもいなくなってしまったのか さっぱりわからない


だめだ ポリバケツのふたを あける力もないや


・・・大島弓子さんの漫画「綿の国星」の導入ページの言葉です。


綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)

綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)

  • 作者: 大島 弓子
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 1994/06/01
  • メディア: 文庫

物語全体に通底する詩情が昔から好きなのです。

でも、定期的に読み返したくなるのは、それだけではなく、文体のリズムが心地よいからなんだと先日気付きました。

楽器が定期的な調律を必要とするように、人間の心にも調律が必要だと私は思います。「綿の国星」のリズムは、読み返すたびに私の心を調律してくれている・・・そう思うと、いっそうこの物語への愛着がわきました。



nice!(0)  コメント(0) 

サーカスのライオン

3年生国語の授業で扱う教材文です。

 

サーカスのライオン (おはなし名作絵本 16)

サーカスのライオン (おはなし名作絵本 16)

  • 作者: 川村 たかし
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 1972/11
  • メディア: 単行本
同じことをくり返す日常にすっかり退屈していたサーカス団の老ライオン・じんざが、
自分を応援してくれる男の子と出会い、元気を取り戻していく・・・そんな物語です。
元気をなくしてしょげているように見えたじんざのもとに、男の子はチョコレートをもって通い、自分のお母さんのことを話していきます。
この年令の男の子が、毎日通うというのは「よほど」のことです。
クラスの子どもたちも、「お母さんがいなくて寂しいんだ。」「じんざ以外に友達はいないのかな。」「チョコレートを半分こって、きっと気持ちをわかり合いたいんだと思う。」と読み取っていました。
ある日、男の子は、じんざのもとへ息を弾ませてやってきます。
お母さんが退院する日、たまったお小遣いをもってサーカスに行くよ!という男の子に対し、じんざは思います。
「・・・ようし、あした、わしはわかいときのように、火の輪を5つにしてくぐりぬけてやろう。」
サーカスを見に行くという男の子に対して、じんざが意欲を出す場面です。
子どもたちの中には、じんざの心情を、「たくさんのお客さんに昔のようなすごいところを見せてやりたい。」「サーカスにやる気を無くしていたが、やる気を取り戻した。」と読む子たちもいたのですが、実際は「男の子の気持ちに応えたい。」、ただそれだけなのですね。
3年生の素直な子どもたちとこの物語を読むと、じんざの「純真さ」がいっそう心にしみます。
境遇の似た者同士(男の子とじんざにその自覚があったかどうかはわかりません)が惹かれ合い、心を尽くし合う。
「サーカスのライオン」は美しい物語です。
同じようなテーマを内在しながら、「分かり合えない」ことを主題としていた「ごんぎつね」に対し、「サーカスのライオン」のじんざと男の子の関係は幸せそのものです。
しかし、この物語は、美しいままでは終わりません。突然の火事で危機に陥った男の子を救うため、じんざは男の子に5つの火の輪くぐりを見せることなく、命を落としてしまうのです。
来週からの授業では、この火事の場面を扱います。
死に隣接した緊迫感あるシーンですが、じんざの胸中に悲壮さはありません。
ただ男の子を救いたい。その一心です。
緊迫感とその渦中のじんざの心情。どんな読み方をすれば、それを表現することができるでしょうか。
週末はそんなことを考えながら、この美しい物語を反芻したいと思います。

nice!(0)  コメント(0) 

トリカのちかい [読書・映画・音楽]

ヤービの深い秋 (福音館創作童話シリーズ)

ヤービの深い秋 (福音館創作童話シリーズ)

  • 作者: 梨木 香歩
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 2019/08/28
  • メディア: 単行本

マッドガイドウォーターの物語、第2巻です。


一読後の感想は「冗長」でした。

薄絹を重ねるように表現を折り重ねることで、当たり前の景色に深みと彩りを与えていく。そうした表現方法自体は悪いものではないのですが、物語を読み進みたいこちらの速度と噛み合わないと、表現の豊かさは途端に「鈍重でたいくつなもの」に変容します。

「味付けはよいのだけれど、ちょっとくどくてもたれるな・・・。」そんな残念な感想をもちました。


でも、時間を空けて読んでみたところ、2回目はまったく違う読後感でした。

駆け足にならずに進んでいくスピードが心地よいのです。

作者の梨木さんが描きたかった世界はこれなんだな、と妙に納得しました。

どうやら一読目は、現実世界の速いスピードに身を置きながら読んだせいで、マッドガイドウォーターの世界に入り込めていなかったようです。読書は、自身の置かれている状況を鏡のように反映する…だからこそ同じ本を繰り返し読む価値があるのでしょう。一読で終わりにしてしまわず、ほんとうによかったです。


さて、2回読んでみて、印象に残っているのは「トリカのちかい」の章です。トリカは、つい嘘をついてしまう自分の性格が母親を困らせていることに気付きます。そのトリカに対し、ほのおの革命家(この秀逸なネーミングセンス!)が言います。


「きみが思わず口から出てきそうなうそを、ぐっと一回こらえたら、お母さんは自分の心臓をしめ上げている目に見えない何百もの薄紙が一枚、ふっと消えたように思うだろう。二回こらえたら二枚、薄紙がはがれたように身が軽くなるだろう。三回こらえたら三枚…。そうして、百回こらえたら、お母さんはすっかり元気になる。」


「三年間、地道に、まったく空想をまじえずに、うそをつかずに生きてごらん。ほんとうのことだけを口にして、地に足をつけて生きるんだ。」


なんと優しく説得力のある言葉でしょう。

この物語には、宝石のようにきらびやかではないけれど、ずしっと重みのある言葉がそこかしこにあります。この秋、何度も読み返すことになりそうな、そんなステキな一冊です。



nice!(0)  コメント(0) 

レモンの図書室 [読書・映画・音楽]

レモンの図書室 (児童単行本)

レモンの図書室 (児童単行本)

  • 作者: ジョー コットリル
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2018/01/10
  • メディア: 単行本
「少女ポリアンナ」「赤毛のアン」「黒馬物語」「アンネの日記」「くまのプーさん」「オズの魔法使い」「穴」「ワンダー」・・・本は友だちになれる?


帯に書かれている小説群のタイトルを見てピンとくる人たちは買いでしょう。

本を心の拠り所として生きている少女カリプソが、本以外の拠り所と出会い、成長していく物語です。


カリプソには、妻をなくした悲しみから目を背け、仕事に逃げ込む父親がいます。

愛する人をなくした悲しみは同じなのに、その思いを共有できない父娘2人。袋小路のような現状を変えていったのは、大人である父ではなく娘のほうでした。

カリプソのように、幼くして家族の介護や看病をせざるを得ない立場になる子どもが、イギリスでは増えているそうです。「ヤングケアラー(若い介護者)」と呼ばれる子どもたちの存在は、日本でも近年大きな社会問題となっているとのこと、恥ずかしながら、私はこの本を読んで初めて知りました。


現実世界にできた「親友」を拠り所に、カリプソが困難を乗り越えていく姿は感動的です。

ですが、自身の思春期のありようを思うと、素直に感動できないのも事実です。

「本当に人間は、こんなに前向きに変容できるものかしら。」

と、「てぶくろを買いに」の母ぎつねのような懐疑的心情になります。

この部分は、読者の年齢やこれまでに重ねてきた経験によって、評価の分かれるところなのかなと思います。

(素直に共感はできなかったものの、決して悪い読後感ではありませんでした。念のため。)


もう一点。

物語のタイトルにもなっている「レモンの図書室」、この物語の重要な場面で、レモンがずらりと並んだ書架が象徴的に描かれるのですが、梶井基次郎の「檸檬」を思い出さずに入られませんでした。

日常的なものでありながら、ある特殊な状況の中に置かれることによって、それが非日常的なものに転換する・・・この物語も、「檸檬」も、その題材としてレモンを選んでいるところが興味深いです。


巻末には、「カリプソの読書案内」が付いています。

この物語を楽しめた人は、きっと好きであろう読書リストです。とりあえず私は、久しぶりにダールの「アッホ夫妻」が読みたくなりました。

アッホ夫婦 (ロアルド・ダールコレクション 9)

アッホ夫婦 (ロアルド・ダールコレクション 9)

  • 作者: ロアルド ダール
  • 出版社/メーカー: 評論社
  • 発売日: 2005/10/01
  • メディア: 単行本







nice!(0)  コメント(0) 

カイコ大図鑑 [読書・映画・音楽]

大研究カイコ図鑑 (大研究図鑑シリーズ)

大研究カイコ図鑑 (大研究図鑑シリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 国土社
  • 発売日: 2014/07/01
  • メディア: 大型本

国土社から出版されている大研究図鑑シリーズの1冊、

『大研究カイコ図鑑』です。

「大」研究という名前にふさわしい、充実した1冊となっています。

※カイコの解剖の仕方や、解剖写真まで掲載されていますので、小さなお子さんのいる家庭には配慮のいる1冊かもしれません。


今年度、総合的な学習の時間で養蚕に取り組んでいます。

私が小学生の頃は、まだ総合という教科はなかったのですが、担任の先生に思いがあったのでしょう、養蚕に取り組んだことがあり、30年を経た今も、その経験を強烈に覚えています。

今の教え子の幾人かも、強烈な思い出としていつかカイコのことを思い出すのかも…と考えると、一つの体験のつながりというか、運命の糸のようなものを感じます。カイコだけに。


さて、カイコを育てる経験をすることは、それだけで素晴らしい学びだと思いますが、

実体験だけでは、カイコや養蚕のおもしろさの一端に触れたにすぎません。

そこで必要になってくるのが、学びを広げるための手引きです。

先に紹介しました『カイコ大図鑑』は、子ども達のみならず、大人の興味も喚起してくれるマストな1冊です。他にもさまざまな絵本や専門書が出ていますが、分かりやすさと具体性においてこの本に勝る本はないでしょう。

お値段に見合うだけの価値ある本だと、自信をもっておススメします。

3年生の理科で観察カードを書かせていますが、「背脈管(はいみゃくかん)」「眼状紋(がんじょうもん)」などの専門用語がたくさん使われます。明らかに『カイコ大図鑑』の影響です。

専門用語を駆使(!?)して観察カードを書き、会話をしているとき、小さなカイコ博士たちの顔はとても誇らしげです。言葉のチカラってすごいなぁと改めて感じます。

かくいう私も、最近、職員室で「マルピーギ管」「尾角」などの言葉を使い、学年の先生方とお話をしています。

他学年の先生方には「よしよし。新しく知った言葉を使いたいんだな。」と思われていることでしょう(笑)。



そうそう。

子どもの頃、飼育しているカイコの背にマジックで色を付け、カラフルな糸を吐くかを実験したことがありました。私の記憶の中では、カラフルなまゆ玉ができたことになっていたのですが、冷静に考えてみれば、皮膚に着色したら色の糸を吐くのっておかしいですよね?

幼かった自分の記憶違いかな…と思っていたのですが、この本を読み、実際に実験をやってみて、新たな知見を得ることができました。

驚きがあふれる、まさに「ワンダフルな」体験でした。


気になる方は、ぜひこの本をご購入ください。

カイコの生態を通し、生命の不思議さ、素晴らしさを感じることができるはずです。


nice!(0)  コメント(0) 

願いを届けたいときは [読書・映画・音楽]

白のままでは生きられない―志村ふくみの言葉 (生きる言葉シリーズ)

白のままでは生きられない―志村ふくみの言葉 (生きる言葉シリーズ)

  • 作者: 志村 ふくみ
  • 出版社/メーカー: 求龍堂
  • 発売日: 2010/01/21
  • メディア: 単行本
染色作家・志村ふくみさん。
いくつもの著作の中で、含蓄に富んだ言葉を書き残しています。
(私が特に好きなのは、『一色一生』)
過去の著作の中から、光る言葉を抜粋し再構成したのが上の『白のままではいられない』です。
名言集や語録のような本を想像すると分かりやすいでしょう。
著者監修とはいうものの、言葉を抜粋し再構成した時点で、言葉に含意されるものは原文とは異なります。
事実、原文を読んだときと、断片集である本作を読んだときとでは、印象がずいぶん違いました。
前後の文脈とのかかわりがなく、意味の限定が少ない分、想像の余地が大きく、自分自身の思いを投影しやすいのです。筆者との対話というより、言葉を手がかりに自由に思いを巡らせるのを好む自分には、とてもありがたい本です。
物を創る人間に絶えずより添って決して離れない手、無言で加勢してくれる手、裏切らない手、怖しい手、私達は思わずその手が手をかさずにはいられない、そういう仕事をしているだろうか。(P138)
つい先日、何気なしに開いたページに書かれた言葉が強く胸に響きました。
それは、今の自分の仕事が「そういう仕事」になっていないという思いがあったからでしょう。
先日、教え子たちに「ていねいさ」についての話をしました。
私たちは、誰かに血の通った願いを届けたいとき、相手にだけではなく、自分自身にも願いを向けなければならない・・・そう思います。
私自身が、ていねいに生きなければなりません。

nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -